◆なぜ、ドアが目の前で閉まるの?!◆

アメリカから帰国して一番に驚くことの一つに、目の前で 「ドアが閉まっちゃう」こと。

前に人が歩いているにもかかわらず、どうして? 自動ドアではありませんよ。要するに、前の人が押さえてないんです。
アメリカでは、後から人が来るのを確認して、ニッコリして開けて待つのが当た り前。サンキュー、ユーアー ウェルカム! これは、軽く言うのがコツ!って、解説している場合じゃない。 とにかく、これには驚きます。
心のドアをピシャリと締められたような、悲しい気持になります。 別に、前を歩く赤の他人の心に入り込もうなんて気持ちは、みじんも持ってない けど、それに慣れてしまった人間には、ものすご〜く、ショック。

日本でも、若い子が押さえてくれていると、「この子はきっと帰国子女に違いな い!」と思いっきりの笑顔で「ありがとう!」って言ってしまいます。 ちょっとした心遣いで、お互いそのあと、いい気持ちでいられるのにね。 日本がそんな国になる時って、来るのかしら・・・・はなはだ疑問だけど。
確かに、日本語の「ありがとう」「どういたしまして」は長くて言いずらい。 それじゃあ、日本語という言語が悪いの? (文 : Pumpkin)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◆なぜ、ドアが目の前で閉まるの?!◆ のつづき・・・
前回、アメリカから帰国して一番に驚くことの一つに、目の前で「ドアが閉まっ ちゃう」こと。 というのを書きました。そう、それそれ。というご意見を頂きました。 まずは、Birdyさんから。

〜〜Birdy記〜〜

その気持ちわかる〜! 前の人がドアを開けている、「あっ!急がなきゃ、ドアを押さえてくれてる人に 悪いわ」と、いそいで、ドアのところに行くとドアは無常にも閉まちゃうことっ てよくあります。
それ以上に驚くのは、自分が次ぎの人にドアを押さえて待ってる時。なんと、次 の人はドアを押さえずにスル〜と、通りすぎちゃうことってありません? まるで、ドアが最初から開いてたように・・・ 「私はドアボーイじゃないよ〜」と叫びたくなります。
下手すると、ドアを離す きっかけを失って数人通りすぎるのをずっと押さえてたり・・・・。 エレベーターでも同様です。

目的階に到着。 「お先にどうぞ」という思いをこめて、OPENボタンを押してても、うんとも すんとも言わずに、降りていく人。 親子連れだったりしたら、きっと子供もそういう配慮に気がつかないまま、大人 になるのね。と、悲しい気持ちになります。 本当、ちょっとした心遣い、お互い持ちたいですよね。。。 (Birdy記)

〜〜らぴさんより〜〜

今回のこのお話、私もとても共感してしまい、どうしてもメールさせていただき たくなり、今、書いています。 私は帰国子女ではないです。数ヶ月、仕事でアメリカに住んでいただけですが、 それでもやはり、ドアが目の前で閉まってしまう日本は、なんだかちょっとイヤ です。
それから、混んでいる電車や、エレベーターに乗るときや、人の後ろを通 る時無言で押しまくる人。これもイヤ!!ですよね。 一言「すいません」と言えばいいだけなのに。

だから私は日本でもアメリカスタイルを実行しています。 ドアを押さえていて「ありがとう」と言われたときは、なんだか嬉しくなってし まいます♪
アメリカの良いところは、どんどん日本にも取り入れたいですね。 これからも楽しいお話、期待しています。
お身体に気を付けて、頑張って下さい。

らぴさん、ありがとうございます。 ホント、ホント。
あの、当然のように、ぐいぐい押してくるの、嫌ですよね〜。 (Pumpkin)