◆スチュワーデスの内緒のつぶやき・・・機内でのたばこ◆


愛煙家にとってだんだん肩身の狭い場所が増えてきた感じがしますが、飛
行機もその中の一つです。

特にアメリカ離発着の全てのフライトにおいて機内のいかなる場所でも禁煙
となりました。(どこの航空会社も)アメリカ発着であれば領域内外に係わら
ず公海上、他国領域も含むのでアメリカ発着便であれば成田上空も対象と
なります!!

また、日本の航空会社でも全席禁煙を実施しているところも多いですよね。

でも禁止されれば隠れて吸いたくなるのが人情でしょうが・・・

機内火災ほど怖いものはありません。
中学・高校の頃を思い出してトイレで隠れタバコ、そのままごみ箱にぽいっ!
一応消火器もついてますが、そのままごみと共に燃え上がり、
電気配線などを伝って機内火災はどんどん大きくなります。

乗務員は初期消火につとめますが・・・
燃えあがった火は有毒ガスを発しながら広がります。

機内の消火器は限られていますし、地上から離れたところでの消火活動に
は限界があります・・・

残すところは緊急着陸しかありません。もし、それが太平洋上空だった
ら?!考えただけで怖いですよね。

日本、アメリカの、乗務員は喫煙に対して、結構シビアに考えてます。
隠れてこっそと吸ったりというのも、さきほどお伝えしたアメリカの法律が
できてから難しいと思いますよ。
違反すると航空会社が多額の罰金を課せられます。

う〜ん、、、機内には愛煙家用のタバコの代替品なども載ってますので、
それを利用するか、あとはがんばって禁煙するか・・・

私はタバコを吸わないので吸う人の気持ちがわかりませんが、
命には代えられませんよね。

(文 : Birdy)


私もたばこを吸いませんが、この話を読んで怖くなった人は多いはず。
こっそり吸っている人を見つけたら、乗務員に通報(?!)したくなりますよね
愛煙家の皆さん、そういうことですので、禁煙パイポ(古い?)持参してく
ださいね。
忘れたら、機内もあるそうですしっ!
(Pumpkin)

 

 


←前の記事
次の記事→

HOME
BACK

 

 

 

/p>